自分の世界を広げるブログ

登山初心者がどのように進化していくか綴る!

登山初心者が初めてレインウェアを洗濯した!

登山系のメディア(YouTube、雑誌、インスタグラム)を見るたびに見えてくる言葉…

 

登山ギアは定期的なメンテナンスをしましょう

 

見るたびにギクリとなっていたのですが、日々の忙しさにかまけて、目をつむっていました…

 

そうだ!

時間がある今こそメンテナンスしよう!

 

ということで手始めにゴアテックス製のレインウェアから洗濯してみることにしました。

 

登山初心者の私が初めてレインウェアの洗濯をしてみた記録です。笑

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

まず、ゴアテックスの洗濯の仕方ですが、専用の洗剤が必要みたいなので買ってきました。

 

f:id:makaron1104:20210301065930j:image

・O.Dメンテナンスマルチクリーナー(左)

・O.Dメンテナンス撥水剤(右)

どちらもモンベルさんで購入しました。

 

レインウェアの洗濯の仕方は調べるといろいろありまして。私はモンベルのサイトのO.Dメンテナンスの商品ページに記載されているやり方を参考にしました。

 

 

ちなみに…

私も思っていたことなのですが。

ゴアテックス製のレインウェアは頻繁に洗濯すると良くないんじゃないか…

と思いますよね???(私だけ?)

(私はレインウェアを買って1年経ちますが1度も洗濯してませんでした)

ゴアテックス製のレインウェアはお安くないのでやっぱり買ったら劣化させたくない!と思いますよね…

 

調べたところによると、ゴアテックス製のレインウェアは

 

汚れたらどんどん洗ったほうがいいそうです!!!

 

それにはゴアテックスの構造に理由がありまして…

 

ゴアテックスの表面は撥水基と呼ばれる突起がびっしりと付いている構造をしており、この撥水基の上に水滴が付着するため、ウェアの内部まで水が染みることがないように出来ております。

 

しかし、レインウェアを山で使い続けることで徐々に汚れが溜まります。

f:id:makaron1104:20210303001238j:image

その汚れにより撥水基がだんだんと寝てしまい、びっしりならんでいた撥水基に乱れが生じてその結果隙間が出来ていきす。その隙間にさらに汚れが溜まり水滴が入り込めてしまうことで撥水機能が落ちていくのだそうです…

 

撥水基の下の表生地やゴアテックスメンブレンも劣化が進んでいた場合、入り込んだ水滴がさらに生地に侵入してしまい、冷えの原因になりますよね😱💧高山での冷えは低体温症の原因になり最悪の場合、命の危険にさらされる可能性もあるので怖いですよね…

 

なので、適切なお洗濯をすればこの劣化の原因となる汚れを取り除け、一度寝てしまった撥水基も撥水剤を使うことで復活させることが出来ます!

 

また洗濯による生地へのダメージはあまり無いそうです!

(ですが、ゴシゴシ擦ると表面が傷ついてしまうので洗濯機のデリケート洗いか手洗いの場合は優しく洗う)

 

それよりも汚れを取り除くことが大切なので使ったら洗い、使っていない場合も定期的に洗濯をすると劣化を防げる…

 

とのことでした!

 

ではさっそく洗濯したいと思います!

 

洗うものはこちら。

f:id:makaron1104:20210303133758j:image

モンベルのレインダンサージャケットです。

買ってから1年になりますが、雨天で使用したのが1度だけ。

(あまり山に行けてないというのもありますが…)

それ以外は風避け代わりに数回使用していました。

 

手洗いの方法もありますが、私は洗濯機でやってみます。

 

汚れが酷い場合、直接その部分から洗剤を付けるとのことですが見たところ目立った汚れがなかったのでそのままいきます。

 

レインウェアは洗濯ネットに入れます。

f:id:makaron1104:20210302115508j:image

 

まずは緑のボトルのマルチクリーナーのほうから。

15リットルに対してキャップ2杯入れます。

 

が、我が家の洗濯機は15リットルの設定が出来なかったので1番近い12リットルでやりたいと思います

f:id:makaron1104:20210302172324j:image

 

洗剤はよく振ってから使います。

うりゃ〜!!!

f:id:makaron1104:20210302172357j:image

洗いからすすぎまでします。

ここで注意

すすぎはいつもより長めに。

脱水はしてはいけないとのこと。

 

洗剤が残っていると、そこの箇所は汚れが付着したのと同じ状態になるため撥水基に良くないそうです。

脱水してはいけない理由は、レインウェアは風を通さない素材なので脱水をかけると洗濯機を壊してしまう可能性があるから

(そっちなのか!)

 

なのですすぎを多めに。

脱水の前に取り出します。

 

取り出したら次は撥水剤を使います

こちらも使う前によく振ります

うりゃ〜

f:id:makaron1104:20210302173033j:image

濡れた状態のまま、まんべんなく噴霧します。

f:id:makaron1104:20210302173110j:image

しかしこのままでもムラがあるので。

f:id:makaron1104:20210302173132j:image

ソフトスポンジで優しく伸ばして薬剤がまんべんなく付くようにします。

(片手でiPhone構えてるので写真見づらくてすいません)

そしてお次は乾燥させますが。

ここが1番のポイント

 

60℃付近の温風で乾燥させること。

 

これはなぜかと言いますと、寝てしまった撥水基は60℃付近の熱で復活するからだそうです。

f:id:makaron1104:20210303001748j:image

1番は洗濯機の乾燥機能の低温を使って乾燥させることだそうなのですが、

 

無い場合は

・ドライヤーの温風をレインウェアから20cmほど離して当てて乾かす

・アイロンの低温を当て布をしてかける

でも効果的だそうです。

 

ただし高温はNG!

 

我が家の洗濯機はハンガー乾燥という機能が付いているのでこちらの低温を当てて乾かしていきます。

 

f:id:makaron1104:20210302173855j:image

 

数十分で乾きましたので取り出しました。

 

それでもポケットの中などが少し湿っていたのであとは日光の当たらない室内で自然乾燥させました。

 

念のため撥水機能を確認。

f:id:makaron1104:20210303225023j:image

おお!ちゃんと弾いてますね!大丈夫そうです!

f:id:makaron1104:20210303225033j:image

 

 

♢♦︎♢♦︎♢♦︎♢♦︎

 

洗ってみた感想は、思ったよりも簡単に出来た!もっと早くやっておけば良かった〜という感じ😆

 

まとめると…

ゴアテックスのレインウェアは頻繁に洗濯すべし

・専用の洗剤を使うべし

・ゴシゴシ洗わず優しく

・脱水はかけてはいけない

・すすぎはしっかり

・乾かすときは60℃くらいの温風で(高温はNG)

 

こんな感じでした💡

 

いつか山に行けるときに、登山ギアが使えなかったら機能が落ちていたら最悪ですからね😱💦

 

ウェア意外の他のギアもチェックしたいと思います!

 

山は行く妄想をしつつ、この緊急事態宣言中を乗り越えたいと思います😆❗️